コンドロイチンが不足すると関節炎に

コンドロイチンの役割は何かと言われると、主なものとしては関節へと働きかけになります。

関節をスムーズに動かしていくためには軟骨が存在していなければならないのですが、この軟骨を占めている物質がコンドロイチンと呼ばれている物質になります。

もしもコンドロイチンが存在していなく、軟骨という物質が充分に存在していない体になってしまっていると、関節の動きは鈍くなるばかりでなく、次第に関節痛を引き起こすこともあります。

関節痛の引き金になっているのはコンドロイチンの不足でもあり、軟骨が充分に存在していないとされています。

コンドロイチンはクッションほどの役割をしているのではなく、関節部においては液体化しており柔軟に関節を動かすことができるように働きかけています。

若い頃は関節を動かしてもどうってことなく済ませていたこともあったかもしれませんが、老化とともに関節の痛みが生じるようになってきていることもあるかもしれません。それは老化とともにコンドロイチンの量が少なくなってきているためと言われています。

コンドロイチンは体内に元々存在している物質になりますが、年齢とともに失われていくため、老化による関節痛の症状というものは多くなるとされています。